SSブログ
前の3件 | -

シチリア島の旅 21(ネアポリス考古学公園(ヒエロン2世祭壇とローマの円形闘技場)@シラク―サ) [海外@シチリア島(伊)2022秋]

bIMG_1153.JPG


ネアポリス考古学公園の最後です。


トップの写真は↑ヒエロン2世の祭壇で現在残っているのは基壇のみです。
紀元前3世紀(ギリシア劇場が改築された頃)ヒエロン2世の時代に
シラクーサは繁栄と平和を謳歌したとのこと。

この祭壇はゼウス(ギリシア神話の主神たる全知全能の存在)に捧げられたもので
生贄の450頭もの牛が焼かれたそうです。


bIMG_1195.JPG



タオルミーナのギリシア劇場は、ローマによって改築され闘技場になっていましたが
ここシラクーサでは、ローマは帝政時代(3~4世紀)にギリシア劇場とは別に
円形(楕円形)闘技場を建造しました。


bIMG_1196.JPG


中央には地下装置のための奈落が見えます。


bIMG_1199.JPG

bIMG_1201.JPG


この通路は狩猟ショーのための動物が通ったのかもしれないですね。

bIMG_1200.JPGbIMG_1203.JPG


前記事のギリシア劇場に比べると小ぶりに見えますが、決して小さいものではなく
かなりの大きさがある円形闘技場でした。

bIMG_1205.JPG


bIMG_1209.JPG


通路脇には石棺が置かれていました。

bIMG_1211.JPGbIMG_1212.JPG


バスの駐車場に絞り立てのオレンジジュースを売るお店があり
ちょっと蒸し暑い日だったので喉を潤すために飲んだところ、とっても美味しかったです^^


bIMG_1213.JPG
(モロッコへ行った時にも町のあちこちでジューススタンドを見かけましたが、モロッコでは怖くて飲めなかったです(^^ゞ)



この後、イタリアで最も重要な考古学博物館のひとつ「パオロ・オルシ考古学博物館」へ。

余談ですが、古代ギリシアの数学者として有名なアルキメデスはシラクーサで生まれ
シラクーサで亡くなったとのことです。


続きを読む


nice!(70)  コメント(20) 
共通テーマ:旅行

シチリア島の旅 20(ネアポリス考古学公園(ギリシア劇場)@シラク―サ) [海外@シチリア島(伊)2022秋]

bIMG_1173.JPG
ギリシア劇場@シラク―サ


シラクーサ、ネアポリス考古学公園の観光の続きです。

石切り場の隣にあったのがギリシア劇場。
紀元前5世紀、ヒエロンによって建設され、紀元前3世紀にヒエロン2世によって改築され
古代世界最大級の劇場となったとのこと。
その当時、シラク―サはアテネやアレクサンドリアと並ぶ演劇のメッカだったとか。


bIMG_1177.JPG


ここでは、ギリシア三大悲劇詩人(アイスキュロス、ソフォクレス、エウリピデス)のひとり
アイスキュロスの悲劇「ペルシア人」の初演が行われたとも言われているそうです。


bIMG_1178.JPG

今現在はどうか分かりませんが、タオルミーナのギリシア劇場と同じく、夏の間にはここの劇場で
古典劇などが上演されていたようで、私が買ったシチリアの本に写真が掲載されていました。


bIMG_1174.JPG


bIMG_1179.JPG
石切り場とギリシア劇場の位置関係ですが、↑ギリシア劇場の一番上に立っていたこの建物が、
石切り場の上部にあるのが見えます↓
bIMG_1151.JPG


ギリシア劇場の最上部には、こんな穴がたくさんありましたが、
bIMG_1180.JPG

お墓として利用されていたとのことです。

bIMG_1183.JPG


ギリシア劇場の上部からの眺めです

bIMG_1187.JPG
雲の多いお天気だったので残念でしたが
もし快晴ならば、イオニア海の紺碧の海が眺められたのではないでしょうか。
bIMG_1186.JPG


周囲を歩いているとザァーザァーという水の流れの音が聞こえてきます。


bIMG_1189.JPG


bIMG_1190.JPG


前記事の石切り場に地下水道の跡が見られましたが、石切り場とは別の水路がギリシア劇場の上部まで、
今も29キロ先の水源地から水を運び続けているのです。


遺跡の向こうに見えた塔のようなものは、マドンナデッレラクリメ聖所記念堂。
高い建物がないシラクーサの町の中でかなり遠くからも見えて目立っていました。
ガイドさんの説明によると、産後の肥立ちが悪く目が見えなくなってしまった奥さんが、
自宅にあったマリア像にお祈りをしていたところ、マリア像から涙がこぼれ、
奥さんの目が見えるようになったという奇跡が起こり、これを聞きつけて多くの人が
訪れるようになったので、その場所に奇跡にちなんで建てられた聖堂、涙の聖母教会で
奇跡としてローマカトリック教会に正式に認定されているとのことです。


bIMG_1193.JPG



ネアポリス考古学公園、もう1回続きます。


(2022年10月14日午前中 旅行期間:2022年10月11日~10月21日)
************************************************
<おまけ>

アレンジです。

bIMG_5516.jpg
<花材:ユキヤナギ、バラ、チューリップ、デルフィニウム、スイトピー、フリージア、(白)アリウム・コワニー(?)


bIMG_5523.jpgbIMG_5524.jpg


bIMG_5525.jpg

nice!(66)  コメント(21) 
共通テーマ:旅行

シチリア島の旅 19(ネアポリス考古学公園(天国の石切り場)@シラク―サ) [海外@シチリア島(伊)2022秋]

bIMG_1150.JPG


今日はシチリアの旅行記の続きです。


タオルミーナを後にして一路シラク―サへ。
シラク―サでまず訪れたのが考古学地区のネアポリス考古学公園。

ここには、
・石切り場、
・ギリシア劇場、
・ローマ時代の円形闘技場、
・ヒエロン2世の祭壇などがありますが、
最初に見学したのがギリシア時代の石切り場で「天国の石切り場」と名付けられています。


黒猫ちゃんが、石の上で寛いでいました。

bIMG_1154.JPG


紀元前735年にギリシア人が初めてシチリア入植したのは、シチリアに到着した日の昼食で訪れた
ナクソスでしたが、シラク―サも古代ギリシアの植民都市「シュラクーサイ」が起源です。


bIMG_1155.JPG


公園内は1950年代に植林と歩道整備が行われて、今では熱帯植物や柑橘類の樹木が茂っています。
これはオリーブの実ですね。

bIMG_1156.JPG



bIMG_1157.JPG


直線的な部分が石切り場らしいです。
ここから切り出された石は、シラク―サの町の城壁を作るために使われたそうです。

bIMG_1159.JPG
bIMG_1161.JPG


こちらのロバの耳の形のような洞窟が、「ディオニュシオスの耳」と呼ばれる洞窟。

bIMG_1163.JPG


bIMG_1164.JPG


bIMG_1166.JPG

岩盤の表面に横にラインが入っているように見えますが、これは、下の石を掘りすぎて
崩落したしまったことで分かったのですが、そこはギリシア時代の地下水道の横穴だったそうです。
↓下から見ると、ラインのところが窪んでいるのがお分かりいただけると思います。
bIMG_1167.JPG
遠くから見るとこんな感じです。
この洞窟の上にギリシア劇場があります。

bIMG_1151.JPG


デュオニュシオスの耳の中に入ります。
bIMG_1169.JPG


洞窟内から外を見るとこんな感じです。


bIMG_1170.JPG


「ディオニュシオスの耳」という呼び名は、
ここを訪れた画家のカラヴァッジョ(私がメッシーナまで見に行った絵を描いた画家)が、
シラク―サの僭主(身分を超えて君主となる者)ディオニュシオス(「走れメロス」に登場する暴君とのこと)が
この洞窟に閉じ込めた捕虜のひそひそ話を盗み聞いたという伝説を聞いて、命名したとのこと。


bIMG_1171.JPG


それにしても、洞窟内の人間の大きさがあまりにも小さいです。
掘りにも掘ったものですよね。これだけ掘れば崩落しても仕方がないように思います。




続きます。




(2022年10月14日午前中)
*********************************************

<おまけ>

この冬うちの庭で採れた大根のうち、一番大きなものです。

bIMG_5450.jpgIbMG_5451.jpg


焼き魚のお供として、大根おろしにしたら、ちょっとピリッと辛くて瑞々しく美味しかったです。

bIMG_5452.jpg


虫食いのあとがありますが、もちろん葉っぱも捨てずに食べます。
サッと湯がいて刻みおじゃこと一緒に炒めて、みりん、焦がしたお醤油、かつおぶしで味付けです。
ゴハンが進みます^^


nice!(77)  コメント(23) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | -