SSブログ

シチリア島の旅 5(カターニア その2) [海外@シチリア島(伊)2022秋]

bIMG_0709.JPG


ドゥオーモを出ると奥には丸屋根のドーム。
これは、12世紀にノルマン様式で建てられたものとのこと。
なぜシチリアでノルマン様式?と思われる方も多いと思います。
ノルマン様式については、シチリアの歴史にもかかわってきますので
また改めてまとめて書きたいと思っています。


bIMG_0706.JPG
ドゥオーモのお隣にある白っぽい丸屋根のついた建物は
聖アガタに捧げられた大修道院です。
bIMG_0707.JPG



ドゥオーモ広場には市庁舎があり

bIMG_0813.JPG


中央には象の噴水があります。

bIMG_0710.JPG
オベリスクはエジプト製で、象(市の紋章)は火山岩でつくられています。


bIMG_0722.JPGbIMG_0711.JPG


bIMG_0712.JPG


聖アガタのお祭りの際には、銀製の聖アガタの胸像(向かって左)が、
山車に載せられて(右)街を練り歩くそうです。

bIMG_0714.JPGbIMG_0716.JPG


続きを読む


nice!(79)  コメント(28) 
共通テーマ:旅行