SSブログ

シチリア島の旅 45(モンレアーレの大聖堂 ドゥオーモ) [海外@シチリア島(伊)2022秋]

bIMG_2098.JPG



シチリア旅行記のつづきです。
モンレアーレの大聖堂は、グリエルモ二世によって1174年~1182年に修道院、王宮などを含めた
建築群として建てられたそうです。
強大化し過ぎたパレルモの大司教の権勢を削ぐため、パレルモの近くに別の大聖堂をと、
秘密裏に建立が計画されたとか。
イスラム、ビザンチン、ロマネスクを融合したノルマン芸術の至宝として、2015年にユネスコの
世界遺産に登録されています。


大聖堂の内部に入ると・・・

内部は、豪華絢爛、黄金に輝くモザイク画によって覆われていて
後陣(丸天井)には「全能のキリスト(全能者ハリスト)」が描かれていました。

天井も黄金色です。

bIMG_2099.JPG


身廊の部分には、旧約聖書が描かれているとか

bIMG_2100.JPG
bIMG_2102.JPGbIMG_2101.JPGbIMG_2103.JPG


bIMG_2104.JPG


bIMG_2105.JPGbIMG_2106.JPG


bIMG_2107.JPG
bIMG_2108.JPG
bIMG_2111.JPG

bIMG_2112.JPG
全能者キリストの下には「聖母と天使」その下は「十二使徒」。
bIMG_2137.JPG
全能のキリストの絵画は、左手には聖書、右手は祝福の動作の形(伸ばした人差し指、曲げた中指と小指、親指と薬指の交差)が特徴とのこと。

bIMG_2138.JPG
角度を変えて。
bIMG_2127.JPG


木で設えられているのは聖歌隊席ですね。
bIMG_2117.JPG
bIMG_2118.JPG
聖歌隊席の背後にあるのはパイプオルガンのよう。
bIMG_2119.JPG
bIMG_2123.JPG


bIMG_2120.JPG
グリエルモ二世の棺(大理石?)のようです。
bIMG_2125.JPG
天井も見事な装飾です。
↓これはイスラムっぽい雰囲気が感じられます。こんな感じのものをアルハンブラ宮殿で見たような^^
bIMG_2124.JPG

bIMG_2126.JPG

bIMG_2131.JPG

モザイク一部分です。

bIMG_2136.JPG



モンレアーレ大聖堂の見学続きます。



(2022年10月17日午後@モンレアーレ 旅行期間:2022年10月11日~21日)
************************************************
<つぶやき>
とうとう来てしまったという感じです。
ハッキリ言って大変な状態です。長く続くとこちらの方が参ってしまいそうです。

この5月2日に102歳となった父、4月の初めに外出先で転倒して頭を強く打ったからかもしれませんが
その後、家の中で3度(椅子で眠ってしまい転倒、ベッドから起きようとして転倒、ソファーと机の間で尻もち)も転倒し、
この1週間~10日程の間でまるで坂道を転げ落ちるように一気に認知症の症状が進んでしまいました。
前日まで普通にできていたのことが今日はできなくなってしまう、そんなことが続いています。
もともとトイレには時間が掛かっていたのですが1時間近くも出てこないことが度々あって、
トイレがひとつしかないうちにとっては厳しい状況に遭遇することもありました。
そんなこともあり、今年も6月の初めに(結果的には雨で行けなかったかもしれませんが)上高地に行く予定でしたが
これではとても行ける状態ではないとキャンセルしたところ、父が「上高地はいつだ?」と聞いたので
「キャンセルした。」と言ったこともショックだったのかもしれないです。(最後のまともな会話になってしまうかも)
ハッと気がつくと、毎日、毎日、「今日は何曜日か?何日か?」と何度も聞いていたのに聞かなくなりました。
ぬか漬けの切ったきゅうりを手で並べたり、割ったおせんべいを並べたりと理解できない行動もあり
昨日はなぜか自分の手の指ばかり眺めていました。
まだ、姉や私のことは分かっているようなのでいい方なのかもしれませんが。
今までこんなことになるとは思ってもいなかったので慌てふためいています。


こんなわけで、ブログ活動にも思うように時間が取れていない状況です。
シチリア旅行記も最後の宿泊地パレルモが目前となりましたが足踏み状態になりそうです。

nice!(84)  コメント(31) 
共通テーマ:旅行

nice! 84

コメント 31

リュカ

記事が全部ぶっ飛んじゃったよ!
お父様…(ToT
今日の朝、kuwachan と普通にメッセージで話をしてたのに
ブログ見てびっくりっ
こんなことになってたなんて><
お父様、上高地に行けなかったことも残念だったんだろうね。
でもこの状況じゃ無理だよねえ><
by リュカ (2023-06-06 09:28) 

ナツパパ

お父様、症状を拝見して驚きました。
ケガでそうなってしまうのですね。
95になる老母も、この頃歩行がおぼつかなくなり、気が気ではありません。
介助が必要なのか、それとも施設に行った方がいいのか、迷います。
kuwachanさん、どうかお身体をご自愛ください。
by ナツパパ (2023-06-06 10:09) 

ma2ma2

お父上大変ですね!
介護も結構手間がかかるし、施設で見て貰うのか迷っちゃいますね。
無理をしないようにしてください。
by ma2ma2 (2023-06-06 10:47) 

ゆうみ

お父様 年齢の事も考えると私の父の事を合わせて考えています。
認知症って とても難しい病です。
一緒に住むご家族の方々も大変だと思います。
どうぞ みなさま お体ご自愛なさってください。
by ゆうみ (2023-06-06 10:59) 

トモミ

本当に大変ですね!くれぐれも御自身が倒れてしまわない様に!!

by トモミ (2023-06-06 11:06) 

Jetstream

大聖堂、いろんな文化が入り混じってとてもエキゾティックな感じでとても見所がありますね。
お父上、心配ですね。高齢になっていくと誰しもこういった場面に遇する時期がありますね。無理せず自分のペースでいきましょう。
by Jetstream (2023-06-06 11:38) 

angie17

大聖堂が美しい!!写真もよく撮れていますね!
・・・とお伝えしようと思ったら、

お父様のことご心配ですね。
ご家族の皆様もご無理なさらずに、ご自分も労ってあげて下さいね。
by angie17 (2023-06-06 13:58) 

英ちゃん

ここは正に世界遺産にふさわしい感じだね。
しかし、お父様心配ですね…
私も十数年前に親の介護をしてました。
一度、ケアマネジャーに相談した方が良いと思います。
by 英ちゃん (2023-06-06 15:59) 

ChatBleu

大変ですね。そうやって転びやすい状況だったというのも、認知症の症状の表れかもしれませんね。
kuwachanさんがお仕事を辞めた後で良かったとも思いますが、家で面倒を見るのは本当に大変です。
ここまで元気で来られたお父様のため、なんとか、ご自身で面倒みてあげたいと思われるかもしれませんが、くれぐれも無理なさらぬように。自身の人生を潰してまで面倒みて欲しいと思う親はないと思うのですよ。私も自分にそう言い聞かせて、両親を送りました。
お姉様方とも、どういう方針にするか話し合って、早いうちにいろいろ調べておいた方が良いと思います。

by ChatBleu (2023-06-06 17:22) 

夏炉冬扇

ご尊父、すばらしいご長寿。
人生いろんなステージあります。私もゴールを考える歳です。
by 夏炉冬扇 (2023-06-06 18:04) 

kousaku

転倒して頭を打ってからはそんな風に成るなんて私も同じようにある日突然倒れて後頭部を打ち救急車で運ばれて気が着いた時には病室でした、今は医者からは車は禁止急な動きの運動は駄目と云われておりますがやはり家の中ばかりですと認知症に成らないかが心配です。
娘達もかなり心配だったようですが少しは元気に成りましたからね、軽く散歩はいいと云う事ですから花を撮りに歩いております。
お父様心配ですね,お身体ご自愛下さいね。
by kousaku (2023-06-06 18:50) 

sheri

認知症は急に来ますよね?
わが母もそうでした。
私もそのことを書こうと思いつつ、気持的にも時間的にも難しくて中々書けずにいます。
ケアマネさんと相談されて、どうかいい方向へ進むことが出来ますよう願っています。
by sheri (2023-06-06 20:33) 

まこ

キリスト像の圧倒されるような存在感
優しく抱擁されるような描き方
流石ですね( *´艸`)
良いものを見せて頂きました♬
私も、夫の父、私の父母とは
kuwachanさんと同じような過程を経て見送っています。
夫の母は施設で穏やかに暮らしています。
どうか、お疲れの出ないように・・
by まこ (2023-06-06 22:56) 

yoko-minato

どうぞお父様と心いくまで付き合って
差し上げて下さいね。
やはり上高地行はお父様にとって大事な
旅なのですね。
介護は大変だと思います。
あまりなんでもご自分でされないように
人の力も借りて乗り越えられてくださいね。
by yoko-minato (2023-06-07 06:14) 

YAP

私も最後のつぶやきを見てそれまでの旅行の話が吹っ飛びました。
私の母も緑内障が進み、だんだんと物が見えなくなってきています。
地元に残っている弟(同居はしてない)も心配していますが、ケアマネージャーさんやヘルパーさんのサポートで何とか一人で生活できてます。
私もいろいろと介護について調べてきています。
残念な現実ですが、介護には終わりがなく(というか悲しい終わりしかなく)ほとんどの場合、状況が良くなることはありません。
日本人は、家族が面倒を見るのが美徳という変な考え方が強かったりしますが、その考え方にしがみつくのは、家庭崩壊の始まりだそうです。
利用できる制度を理解して、使えるものは使っていくというのが、お父様ご自身にもご家族にもいいと思います。
大変な状況だと思いますが、ご自愛ください。
by YAP (2023-06-07 08:06) 

ぼんさん

首が疲れそうですがとても素晴らしい大聖堂ですね。
お父様、色々ご心配だと思いますが、ご家族の皆様も無理をせずご自愛下さい。
by ぼんさん (2023-06-07 08:40) 

こんちゃん

この大聖堂も凄いの一言です
キリストのところはライティングされているみたいに明るくなってますね
お父様の介護等より大変になります、専門家に委ねるのも一つの方法だと思います
kuwachanさんが倒れるなんてことがないようにお気をつけください
by こんちゃん (2023-06-07 09:18) 

八犬伝

うう~ん
大変な状況になってしまいましたね。
全部背負い込まないで
公共のサービスなども頼ってみた方がいいかもしれませんね。
by 八犬伝 (2023-06-07 19:59) 

sana

大聖堂、いい雰囲気ですね。と、最後を読む前に思ったことも先に書いておきます。
かなり古い雰囲気で、それがまた素敵。鮮明な写真で見せていただけて、嬉しいです。イタリアに旅行した時、パレルモはパスして友人の家に行ってましたので。
お父様、3度も転ばれて‥ これは大変ですね。
102歳まで、転倒してもついこの間までかなりお元気そうでしたのに。
いろいろな方に相談しながら、無理はしないで、伴走してあげてください。
落ち着かれますよう祈ってます。
by sana (2023-06-07 20:49) 

yamatonosuke

宗派は違いますが大仏さまに見られているような雰囲気~
ザ・大聖堂といった感じで身が引き締まる思いです(^^♪
生活パターンは変わるかもしれませんがまずは私生活第一で。
by yamatonosuke (2023-06-08 00:21) 

お散歩爺

お父様が102才とは驚きです、操作が思うように行かないのも、
致し方ない年齢ですからね。面倒見てるだけでも大変でしょう。
モンレアールの大聖堂は見てきましたが棺桶も憶えてます。
by お散歩爺 (2023-06-08 06:26) 

バク・ハリー

ご訪問頂きありがとうございます。大聖堂のお写真、心が洗われるようです。目の保養になりました。
私の八十歳代半ばの母は、実家で何十年も一人暮らしですが、二年ほど前に突然、日にちの認識が怪しくなりました。身体は丈夫なほうですが、心臓上部に動脈瘤があることはわかっていて、血圧の薬を飲んでいます。隣りの市に住む私は、コロナ禍で会うことも控えがちでしたが、通院やらワクチン接種やら万一の感染への備えとして、一人にしておくのが心配で、私のリモートワークに必要なパソコンを実家に移動しました。そして、隣の市にある私の自宅から毎日クルマで通勤することにしました。私の行動が、長年の一人暮らしで培われた母のプライドを傷つけたらしく、烈しく罵られることもありました。今は安定していますが、日にちの感覚はますます曖昧で、さすがに自覚も芽生えてきたようです。薬を飲み忘れることよりも、飲みすぎることが心配です。認知症の進行を抑えるのに、水分補給が大切らしいので気をつけています。
お父様のお世話はご苦労も多いことと思います。ほかの方もおっしゃる通り一人で抱え込まず、ストレスを貯めすぎないことが肝要と思います。長文失礼致しました。

by バク・ハリー (2023-06-08 07:35) 

Boss365

こんにちは。
モンレアーレの大聖堂の内部「黄金に輝くモザイク画」素晴らしいですね。
少し日本的ですが、大きなキリスト肖像画あり圧巻ですね。
身廊の部分に旧約聖書の内容が描かれ、物語性を感じるモザイク画です。
それにしても全能者キリストの絵、綺麗で現代的な雰囲気ありかな?
また、パイプオルガンのようなモノあり、讃美歌・サウンドを聴きたくなります。

お父様状態、小生母の時も急に認知症が来ました。
急に怒る事あり大変でしたが、それでも徐々に笑顔が戻り、長生きして来れました。
頑張り過ぎず、家族みんなで相談して、お父様を見守って下さい!?(=^・ェ・^=)
by Boss365 (2023-06-08 10:31) 

koh925

大聖堂の中をの、どこを切り取っても
芸塾作品のようですね、素晴らしいです
私は視力がだんだん弱り遠くが見えにくくなっています
近くは度の強い老眼です、天井を見上げても満足に見えないでしょう
by koh925 (2023-06-08 12:11) 

ゆきち

認知症の症状は千差万別。
わが母は調子の良い時と悪い時の差が激しくて悩ましいところです。
ケアマネさんやお医者さまともよくご相談されて、お父さまもご家族のみなさまも無理しすぎることなく過ごせますように。
by ゆきち (2023-06-08 12:43) 

wine

102歳!!素晴らしいですね。
介護は本当に大変です。介護は休みがないですから...
私は母の時、公共サービスで頼れるところは頼りました。
お身体お大事になさってください。
by wine (2023-06-08 12:47) 

響

見上げすぎて首が痛くなりそうな聖堂ですね。
棺がそのままあるのにはびっくり。
by (2023-06-08 19:26) 

あおたけ

モンレアーレの大聖堂、
旅行記の前回を拝見したときに
外観はさほど印象深くなかったのですが、
内装のほうは黄金色に輝く壁画が煌びやかで
インパクトありますね!(゚∀゚)
まさに絢爛豪華☆
身廊の部分に施された装飾画も繊細で
首が痛くなるくらいに
ずっと見上げてしまいそう(´ー`)

お父さまのこと、
急な展開で大変だと思います。
お父さまの症状も心配ですが、
kuwachanさんやお姉さまのお気持ちが
落ち着かれますよう願っています。。。
どうか無理せずご自愛くださいね。
by あおたけ (2023-06-09 06:36) 

ちぃ

そんなに短時間で症状が進んでしまうものなのですね・・・
見守っているkuwachanさんとご家族の方々も心穏やかではない
日が続いていると思います。
お父様、落ち着いた状態になることを願ってます。
by ちぃ (2023-06-09 15:03) 

拳客

圧巻の一言です。
by 拳客 (2023-06-10 15:22) 

kuwachan

皆様、すっかり遅くなりましたがお返事です。

♪リュカさん
そうなのよ。
少しずつはあったにしても一気に進んでしまって
突然のことで私も驚いています。
上高地、行きたかったと思うけど
行ったら大変なことになっていたんじゃないかな。


♪ナツパパさん
父の場合、年齢的なものも大きいとは思いますが
ケガが引き金になってしまったことも否めません。
出来ることならばずっと自宅がいいのでしょうが
素人では限界もあります。
お気遣いありがとうございます。


♪ma2ma2さん
今までは時間が掛かるものの自分で出来ていたことが
出来なくなってしまいました。
介護も簡単ではないです。
お気遣いありがとうございます。


♪ゆうみさん
父の場合は年齢的なことが大きいでしょうね。
100歳以上の脳はお医者さんにとっても
まだ未知の世界の部分が多いそうです。
お気遣いありがとうございます。


♪トモミさん
お気遣いありがとうございます。
いまのところはまだ大丈夫です。


♪Jetstreamさん
大聖堂、素晴らしい芸術作品になっていました。
色々な民族によって支配されたシチリアならではのものですね。
はい、今まで全く病気がなかったわけではないですが
元気だっただけにこちらも狼狽えてしまっています。
お気遣いありがとうございます。


♪angie17さん
目が眩むような大聖堂でしたよ!
写真はきっと金色が輝いているから光が充分だったのでしょう(^^ゞ

本人も辛いんじゃないかな?って思う時もあります。
お気遣いありがとうございます。


♪英ちゃんさん
この大聖堂は世界遺産と聞いて納得しますよね。
父は年齢的に仕方がない部分も多いかと思います。
英ちゃんさんもそうだったのですね。
アドバイスありがとうございます。


♪ChatBlueさん
そうですよね。
少し前から脚がふわふわすると言っていて
力が入らなくなって来たみたいでした。
父がこういう状態になって改めて振り返ると
私が仕事を辞めたタイミングはベストだったんじゃないかと思います。
お気遣いありがとうございます。
3人姉妹ですがそれぞれ思うところが違うので大変そうです。


♪夏炉冬扇さん
ありがとうございます。
父の目標は100歳だったんですよ。
いやいや、夏炉冬扇さんはまだまだでしょう^^


♪kousakuさん
そうだったのですね。
父は今回が初めてではなく、
以前、雪道で転倒して頭を打ったこともありました。
運動も大切だと思いますから、
お花を撮りながらの軽い散歩は最適かと思います。
お気遣いありがとうございます。


♪sheriさん
あまりに急な出来事で驚きました。
お母様も父と同じような症状だったのですね。
難しいお気持ちもよくわかります。
私の場合勢いで書いてしまった感じです。
お気遣いありがとうございます。


♪まこさん
シチリアは東方教会の影響が大きいのか
キリスト像はこのパターンが多かったですね。
素晴らしいモザイク画でした。
まこさんも同じような経験をされているのですね。
どこかしら折り合いを付けなければならないでしょうが
その中で最善の方法が見つかればいいなと思っています。
お気遣いありがとうございます。


♪yoko-minatoさん
出来る限りのことはしてあげたいと思っています。
上高地、今年はどうしても行きたかったみたいですが
やっぱり無理だったと思います。
キャンセルは残念でしたが仕方がなかったです。
お気遣いありがとうございます。


♪YAPさん
私の友人の95歳のお母様もケアマネさんとヘルパーさんの
サポートで今もおひとりで暮らしていらっしゃいます。
YAPさんのお母様もできる限り今の状態で暮らせるといいですね。
亡くなった母も倒れて入院中に
もともと悪かった緑内障が進んで
意識がある時に片方の目が見えなくなってしまい
予期されたことではあったもののかなりショックだったようです。
そうですね。利用できる制度は使って行こうと思っています。
お気遣いありがとうございます。


♪ぼんさんさん
大聖堂、休み休み天井を眺めていました(笑)
お気遣いありがとうございます。


♪こんちゃんさん
大聖堂、素晴らしかったですよ。
キリスト像が明るいのは
金色のモザイク画ということもあるでしょうね。
お気遣いありがとうございます。
今のところはまだ大丈夫です。


♪八犬伝さん
少しずつ気配はあったもののここまではなるとは思っていなかったので、
正直なところついに来てしまった~という感じです。
お気遣いありがとうございます。


♪sanaさん
大聖堂、素晴らしいとしか言いようがない位素晴らしかったです。
金色が輝いていたからか思った以上に写真が綺麗に撮れていました(*^^)v
パレルモも見所が多かったですよ。
父は家の中でも転倒するようになってしまって
脚の力ががかなり弱くなっているようです。
そうだったんですよ。時間は掛ってもほぼひとりで出来ていたのことが
出来なくなってしまって・・・。
お気遣いありがとうございます。


♪yamatonosukeさん
慈愛に満ちた雰囲気は宗教宗派にかかわらずですよね。
見事な大聖堂でした。
お気遣いありがとうございます。
そうしたいですね^^


♪お散歩爺さん
本人も常日頃100歳を超えると色々大変なんだ、と言っていました^^
自分自身でもどかしくなっていたのでしょうね。
モンレアーレ大聖堂には行かれたのですね。
ここは印象に残りますよね。


♪パク・ハリーさん
こちらこそありがとうございます。
大聖堂、本当に素晴らしかったです。
父もその日がある突然やってきました。
お母様は今お一人暮らしをされているのですね。
お母様のお気持ちも分からないではないですが
心臓上部に動脈瘤もあるとのこと、
ご心配なことが多いかと存じます。
薬のことは父の場合にもあてはまり
数年前から薬の管理は本人任せを止めました。
水分補給のこと今まで以上に気を付けるようにします。
お気遣いアドバイスありがとうございます。


♪Boss365さん
シチリアは色々な民族によって支配されていたため
文化も色々混じり合って独特なものが生み出されています。
モンレアーレ大聖堂のモザイク画、本当に素晴らしかったです。
どちらかというと西方よりも東方教会の影響が強く感じられました。
教会でのパイプオルガンの響きは特別なものがあるので聴きたくなりますよね。

Boss365さんのお母様も父と同じような症状だったのですね。
父は今のところ怒ったりすることがほとんどないので助かっています。
お気遣いありがとうございます。


♪koh925さん
大聖堂すべてが芸術作品という雰囲気でしたよ。
天井が凄く高いので私も近眼ですし自分の目では限界があります。
カメラのファインダーやタブレットで拡大して見ています(^^ゞ


♪ゆきちさん
そうなんですね。
父も今はそんな感じです。日によって症状が違います。
今は一番ひどいときよりも良くなっています。
お気遣いありがとうございます。


♪wineさん
父の目標は100歳だったので目標は達成しましたが
100歳まで生きると色々大変だと本人も言っていました。
お気遣いありがとうございます。
利用できるところは利用しようと思っています。


♪響さん
実際首が痛くなり、休み休み天井を見上げていました(笑)
地位が高い人ほど棺はそのままだったようです。


♪あおたけさん
そうなんですよね。
外観にはお金を掛けず、内部にお金を掛けて
建てられたのでしょうね。
内部に入った途端、黄金色に輝くいモザイク画に覆われていて
目が眩みました。本当に素晴らしかったです。
首が痛くなりましたよ(^^ゞ

父のこと、こちらの方がアタフタしてしまっています。
出来る限りのことはしたいと思っていますが
なかなか難しいこともあります。
お気遣いありがとうございます。


♪ちぃさん
そうなんですよ。びっくりでした。
頭を打ったこともあるのでしょうが
100歳を超えていることもあって
年齢的なことで片づけられてしまうことも多いです。
お気遣いありがとうございます。
今は少し落ち着いています。


♪挙客さん
仰るとおりで、
たぶん私、口がぽかんと開いていたと思います(^^ゞ

by kuwachan (2023-06-17 06:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。